別れさせ屋を悩ませる成功率の低い依頼の条件とは?

別れさせ屋による別れさせ工作の成功率が低くなるケースがある

別れさせ屋による別れさせ屋工作が成功しやすい依頼内容があるのと同じように、別れさせ工作を進めていくのが比較的困難なケースも存在します。

別れさせ工作の成功率というのは100%ではなく、別れさせ屋が生身の人間を相手にしている商売である以上は思い通りにいかないことはある意味当たり前ともいえるのですが、

別れさせ工作の成功率が低いパターンを知っておくことで、その困難に対して対策を練ることもできるのではないでしょうか。

別れさせ屋による別れさせ工作の成功率が低くなる対象カップルの関係性

別れさせ屋による別れさせ工作が成功しやすいのは、対象カップルのお互いへの気持ちが弱くなっているときです。逆に常にラブラブで喧嘩もしたことがないようなカップルには付け入るスキがなく、工作員が対象カップルの片方に接近しても相手にされないことが多いです。

また、対象カップルが結婚していたり、子供がいたりすると、対象カップルにとって守るべきものがある分別れさせ工作はさらに難航します。(幸せな夫婦を意味もなく別れさせてほしいなどの倫理的に悖る依頼はお断りすることがあります。)

このように、第三者が介入する余地のない関係を対象カップルが気づいている場合、別れさせ工作の成功率は低くなってしまう傾向にあります。

別れさせ屋による別れさせ工作の成功率が低くなるのは、ゆとり世代を相手にしたとき

これは全員に当てはまる話ではなく、あくまでも傾向の話なのですが、ゆとり世代というのは競争を嫌い、安定を望む傾向にあります。その傾向は恋愛にも反映されていて、ゆとり世代の人は浮気などの新しい刺激を求めるよりも、一度気づいた恋愛関係を持続させることに幸せを感じる人が多いようです。

よって、もし別れさせ屋による別れさせ工作の対象カップルがゆとり世代である場合、工作員が対象カップルの片方に接近していっても、うまく親密な関係を築くのは難しくなります。

しかし、別れさせ屋株式会社では、こういった世代の対象者にも対応した別れさせ工作のプランをご用意いたしております。

別れさせ屋による別れさせ工作の成功率が低くなる対象者の性格

 

別れさせ屋による別れさせ工作を計画通りに進めていくためには、突然接近してきた工作員に対して対象者に心を開いてもらわなければいけません。

よって、対象者が暗く、警戒心が強いような性格だと、そもそも工作員と親密な中まで発展することなく、別れさせ工作が失敗してしまうことがあります。

また、過去に張り込みや尾行をされた経験がある人は勘が鋭いので、身辺調査をする際にも慎重にならなければなりません。

別れさせ屋が最もしてはならない失敗というのは、対象者に別れさせ屋の存在がばれてしまうことです。

別れさせ工作を順調に進めていくにあたり、こういった性格を持った対象者というのは大きな障害となるときが多いです。

別れさせ屋株式会社では、対象者にその存在がばれる等の失敗は犯しません。経験値豊富なスタッフにより、あくまでも自然に対象者に接近します。

別れさせ屋による別れさせ工作の成功率が低くなる対象者の職業

先ほども言ったように、対象者が警戒心の強い人間だと、別れさせ工作の難易度はグッと上がります。同じように探偵業に携わっている人が対象者である場合、別れさせ屋にとっては厳しい条件の元での仕事となります。相手は同業者であるので別れさせ屋の手口を知り尽くしており、工作員がよくある手法で近づいて行っても警戒されてしまうことが多々あります。こういった同業者を相手にするときには、とにかく別れさせ屋であるということがばれないように、奇をてらったアプローチで対象者に接近していくのが良いでしょう。

同業者でなくとも、裁判官や警察官や教師などの仕事についている人が対象者の場合も、苦労することが多いです。こういった職業の人は強い倫理観を持っているので、突然近づいてきた工作員と仲良くなろうとする人は少ないのです。こういった人には色仕掛けをするのではなく、同性の工作員を友人役として送り込み、今付き合っている人と別れることを勧めるような手法の方が上手くいきやすいです。

また、家に引きこもりがちな仕事である在宅のプログラマーやライター、デイトレーダーなどが対象者である場合、自然に工作員が対象者と会う機会を設けずらいことから、別れさせ工作を進めていくのが困難になることがあります。

別れさせ屋株式会社では、過去の対象者のデータに基づいた工作プランを練らせていただくので、こういった職業の方が相手でも、問題なく工作を進めることができます。

別れさせ屋による別れさせ工作の成功率が低くなる対象者の行動パターン

別れさせ屋の別れさせ工作には成功率が低くなる対象者の行動パターンがあります

一人で行動することが少なく、基本的にいつも誰かと一緒にいるという人は、別れさせ屋にとっては厄介な対象者です。こういった場合工作員は対象者が一人になる数少ない瞬間を逃さないように神経を張り巡らさていなければなりません。

一般的に成功率が低くなる事例におきましても、別れさせ屋株式会社は長年の経験に基づいた独自の手法で、取り組むことにより、他社とは異なるアプローチを実現しています。無料相談を受け付けておりますので、無料相談でまずは浮気や別れ、復縁…お悩みの際には、ぜひ別れさせ屋株式会社にご相談ください。

保存

保存

別れさせ屋による別れさせ工作が上手くいかなくなる条件がいくつか存在します。対象カップルの絆が強く、工作員の入り込む余地がない場合は別れさせ工作を勧めずらいです。また、対象者が警戒心の強い性格であったり、行動パターンが読みずらい職業の人や、家からあまり出てこない人に対しては工作員が自然に接近するのが難しくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする